日本ビジュアルコミュニケーション協会・ロゴ 日本ビジュアルコミュニケーション協会
Home > ミニ講座 > 3Dのお話し > 機械系のCAD
はじめに
2次元から3次元へ
テクニカルイラストレーターにとっての3D
どこで学ぶか
3次元CAD選定
3次元形状の表現
ワイヤーフレームモデル
サーフェスモデル
面の種類
ソリッドモデル
機械系のCAD
機械系のCAD
【作成する項目】

パーツ

機械、製品を構成している個々の部品

アセンブリ

複数の部品を組み合わせてできるユニットや装置
図面
パーツやアセンブリの3次元データから作成される2次元図面
各分野への応用
作業指示書、分解図の作成
干渉の検討
強度解析
CAMデータの作成
プレゼンテーション


【作業上の特徴】

フィチャー

3次元形状を作成する際の変形や属性の機能を意味する。
押し出しフィーチャーや穴フィーチャーなどがある。

パラメトリック

寸法値が変数となっているので、寸法値を変えればそれに応じて形状も変形する。
ヒストリー
フィーチャーの履歴をもっているので、変形に用いた数値を後から変更したり、取り消したりできる。
拘束
押し出しや回転の元になる2次元オブジェクトの幾何形状を決定する。
部品の組み立て(アセンブリ)を行なう際に、取り付け位置を決定する。


【パーツモデル作成の流れ】
1. 作業平面の作成
2. 2次元スケッチ
3. 幾何拘束、寸法拘束
4. フィチャー作成
5. 1〜4の繰り返しで部品(パーツ)の主な形状を作成
6. 穴明け、フィレット等の適用
Page Top
前ページ | 次ページ
【情報提供者HP】
Copyright © 2011 Japan Assosiation of Visual Comunication All Rights Reserved.