日本ビジュアルコミュニケーション協会・ロゴ 日本ビジュアルコミュニケーション協会
Home > ミニ講座 > 3Dのお話し > サーフェスモデル
はじめに
2次元から3次元へ
テクニカルイラストレーターにとっての3D
どこで学ぶか
3次元CAD選定
3次元形状の表現
ワイヤーフレームモデル
サーフェスモデル
面の種類
ソリッドモデル
機械系のCAD
サーフェスモデル

サーフェスモデルは、ワイヤーフレームモデルに面を貼り付けたものです。
面の作成方法には主に次のようなものがあります。

回転サーフェス
Surface of revolution
Revolved surface

回転軸の回りに任意の曲線を回転
タビュレートサーフェス
Tabulate surface

任意の曲線を方向ベクトルに沿って押し出し
ルールドサーフェス
Ruled surface

2本の曲線の間を等分割で接続

エッジサーフェス
Edge surface
バウンダリ面
Boundary surface


数本の曲線から面を形成
スイープサーフェス
Sweep surface
掃引

任意の曲線を他の曲線に沿って動かす
ロフトサーフェス
Loft surface
スキニング面
Skinning surface

複数の断面曲線を通過

プリミティブ
primitive

基本形状:円柱、円錐、球などの単純な数式で定義できる形状


  box    pyramid   wedge   dome


sphere   cone    torus     dish

Page Top
前ページ | 次ページ
【情報提供者HP】
Copyright © 2011 Japan Assosiation of Visual Comunication All Rights Reserved.