日本ビジュアルコミュニケーション協会・ロゴ 日本ビジュアルコミュニケーション協会
Home > ミニ講座 > 3Dのお話し > ワイヤーフレームモデル
はじめに
2次元から3次元へ
テクニカルイラストレーターにとっての3D
どこで学ぶか
3次元CAD選定
3次元形状の表現
ワイヤーフレームモデル
サーフェスモデル
面の種類
ソリッドモデル
機械系のCAD
ワイヤーフレームモデル

ワイヤーフレームモデルは、針金で物体の稜線をつくっていく方法です。
簡単に作れるので、データ量が少なく処理スピードが速いのが良いところです。
しかし面の情報をもっていないので、下図のように色々な形状の解釈ができてしまいます。


ワイヤーフレーム作成用の特別な入力方法は特にありません。
Z座標を与えて3次元空間内に線分を描いたり、
XY平面上に描いた2次元図形を3次元空間に持ち上げたり、回転させればよいだけです。
作図が簡単なので2次元データ上での下絵などには、大変重宝します。

Page Top
前ページ | 次ページ
【情報提供者HP】
Copyright © 2011 Japan Assosiation of Visual Comunication All Rights Reserved.