日本ビジュアルコミュニケーション協会・ロゴ 日本ビジュアルコミュニケーション協会
Home > ミニ講座 > 3Dのお話し > テクニカルイラストレーターにとっての3D
はじめに
2次元から3次元へ
テクニカルイラストレーターにとっての3D
どこで学ぶか
3次元CAD選定
3次元形状の表現
ワイヤーフレームモデル
サーフェスモデル
面の種類
ソリッドモデル
機械系のCAD
テクニカルイラストレーターにとっての3D
テクニカルイラストレーターと一口にいっても、アート系のお仕事をされているかたもいらっしゃると思いますが ここでは主に設計図を元にイラストを作成されている、テクニカルイラストレーター(私も含めて)の立場について考えてみます。
「はじめに」でも書きましたが、CADがまだ2次元の機能しかなかった頃は、テクニカルイラストレーターにとっても 商売道具が、鉛筆&定規から、コンピューター&CADソフトに移行しただけでした。
テクニカルイラストレーター技能士をはじめとした専門技能を持った人しか、テクニカルなイラストを書くことは困難でした。
CADが高度な3次元機能を持つようになってからは、状況が一変しました。
2次元CADやドローソフトなどを使って完成させるのは従来どおりですが、その制作過程に3次元CADをうまく利用することが必要です。
最後は、時間との勝負ですから状況に応じていろいろなソフトを使い分けることになりました。


Page Top
前ページ | 次ページ
【情報提供者HP】
Copyright © 2011 Japan Assosiation of Visual Comunication All Rights Reserved.