日本ビジュアルコミュニケーション協会・ロゴ 日本ビジュアルコミュニケーション協会
Home > ものづくりマイスター制度について
ものづくりマイスター制度について
若者のものづくり離れ、技能離れが進み、産業の基礎となる高度な技能を有する技能者の育成が課題となっています。

厚生労働省では、若年技能者の技能の向上、技能振興機運の醸成等を図ることを目的とした「若年技能者人材育成支援等事業」が平成25年度から開始されました。

この事業は建設業と製造業が対象で、優れた技能と経験を持つ『ものづくりマイスター』が中小企業や教育訓練機関の若年者に対して実技指導を行い、効果的な技能の継承や後継者の育成を行う事業を柱としています。

また、小中学校等での講義や「ものづくり体験教室」等により、ものづくりの魅力を発信しています。

この『ものづくりマイスター』は、技術継承に積極的で、かつある一定以上の経験と技術を有する人材のみが、厚生労働省によって認定され登録されます。



日本ビジュアルコミュニケーション協会からは、以下のメンバーが『テクニカルイラストレーション職種』に認定登録されております。


認定登録地域 JAVC役職 氏名
兵庫県 関西支部長 田中龍志
静岡県 第7代会長(現会長) 鈴木元三
東京都 第6代会長 平野安正
東京都 副会長 三村康雄
※認定登録地域以外でも活動が可能な場合があります。



日本ビジュアルコミュニケーション協会では、上記メンバーに加え実力あるメンバーが揃っております。

教育機関・企業様の新人教育等、出張によるテクニカルイラストレーション講習会をできる限り対応させていただきますので、以下までお問い合わせいただければと思います。

               こちらのフォームよりお問い合わせください



なお、『ものづくりマイスター』への公式なご依頼は、各都道府県の職業能力開発協会・地域技能振興コーナーまでお問い合わせください。


 
Copyright © 2011 Japan Assosiation of Visual Comunication All Rights Reserved.