日本ビジュアルコミュニケーション協会・ロゴ 日本ビジュアルコミュニケーション協会
Home > 協会について > 協会会則
協会の目的
協会会則
協会沿革
協会組織図
事務局
年間パスポート
協会会則(2001.4)
日本ビジュアルコミュニケーション協会(略称を「JAVC協会」といい「ジャビック」と発音します)は、昭和44年4月に設立以来長年にわたって活動してきた日本テクニカルイラストレーション協会を基にして、時代のニーズに応えるため平成13年4月に発足した新しい協会です。
参加者は、既にいろいろな分野で活躍しているテクニカルイラストレーター、DTPクリエーター、CGクリエーター、テクニカルライター、ネット(WEB)デザイナー、CADスペシャリストなどさまざまで、これらの人たちが集まり、21世紀の新しいビジュアル表現の研究や最新デジタル技術の知識および技能の向上に努めています。
協会の名称
協会の名称は次のとおりとします。
和文会名:日本ビジュアルコミュニケーション協会
英文会名:Japan Association of Visual Communication
協会の名称を略称で表するときは「JAVC」とし、「ジャビック」と発音します。
協会は、シンボルマークを作成し、認知度向上などに用います。
目 的
協会は、コミュニケーションのための新しいビジュアル表現の研究と その関連技術習得の機会を提供し、参加者の技術力向上と社会的認知度の 向上を図ることを目的とします。
活 動
協会は、主として次の活動を行います。
1. 参加者相互による発表や意見交換を行う研究会、及び分科会の開催。
2. ネットワーク(ホームページ)による参加者相互の情報交換と協力など。
3. 参加者相互の親ぼくを深める行事の開催。
4. ビジュアルコミュニケーションに関する社会貢献活動。
参加者と役員
協会は、個人で参加する者(一般、学生)によって構成します。
役員は、会長1名、副会長数名、事務局長1名、運営委員若干名(内幹事数名) 会計数名、監査数名とします。
会長、副会長、事務局長、及び運営委員は、参加者による互選とします。
運営委員幹事は、運営委員の中から会長が委嘱します。
会計、監査は、運営委員会が選出し、会長が委嘱します。
会長は、協会を代表して会務を統括し、副会長はこれを補佐します。
監査は、会計監査を行います。
役員の任期は2年とし、その期限は次期役員を選出する運営委員会の終了時とします。
役員は、次の場合、即日退任するものとします。ただし、任期満了時は、 前項によります。
1. 役員任期が満了したとき。
2. 協会参加の資格を失ったとき。
3. 本人の役員退任申し出を運営委員会が了承したとき。
4. 運営委員会で、出席者の三分の二以上が賛成して役員退任が決定した とき。
任期途中の役員に欠員が生じたときは、運営委員会が必要に応じて選出します。この場合の任期は、前役員の残余の 期間とします。
会 議
会議は、総会、運営委員会、運営委員幹事会とします。なお、通信手段を用 いた会議も有効とします。
会議の議決は、会則で規定規定している事項を除いて、出席者の半数以上の 賛成があれば可決とし、賛否同数の場合は、議長の判断によるものとします。
運営委員会は,会長、副会長、事務局長、及び運営委員で構成し、総会議決 事項以外のすべての事項を審議、議決します。運営委員長は、会長、または 会長が指名する副会長若しくは運営委員が担当します。
運営委員幹事会は,会長、副会長、事務局長、及び運営委員幹事で構成し、 会長または運営委員会から委任を受けた会務を遂行します。
必要に応じて委員会、研究会、分科会などを置くことができます。
参加費と年度
セミナー参加費は、年間予定表に示すとおりです。
平成27年度まで入会費を設けておりましたが、平成28年度からは会員証の代わりに「年間パスポート」を設定いたします。
価格は¥10,000−(税込)(学生は¥3,000−)で、基本的に購入した年度のセミナーへは無料で参加できます。
但し、年数回有料セミナーもありますので、年間予定表をご確認ください。
年間パスポートの年度は、4月1日から翌年3月31日までの1年間とします。
会則の改正
会則の改正または廃止が必要となったときは、運営委員会で協議して決定します。
会則が改正されたときは、協会ホームページに掲載することによってその内容を会員に通知します。
有効期間
本会則は、平成13年4月1日から、改正または廃止するまでの期間、有効とします。
以上
Copyright © 2011 Japan Assosiation of Visual Comunication All Rights Reserved.