日本ビジュアルコミュニケーション協会・ロゴ 日本ビジュアルコミュニケーション協会
Home > 活動内容 > 2022年度開催セミナー
2022年度開催セミナー
透視図を応用した軸測投影図の描き方セミナー
会 場 国立オリンピック記念青少年総合センター  センター棟 C-307
日 時 2022年7月23日(土) 13:00-16:30
概 要 軸測投影図はアイソメから始めても、部分的に回転した部分は縮率が複雑に変化します。
手描きの時は、楕円分度器を駆使していました。今回は透視図の描き方を応用して、2次元ソフト上で、回転した部分の縮率と方向を求めながら描き方を実演します。
さらにExcelでの計算で効率化する方法も示します。
⇒詳細
【寸評】
講師含めて11名参加の予定でしたが、内1名が濃厚接触者となり欠席のため10名で開催されました。

【講師反省】
この3枚の線画は、同じものを投影法を変えて描きました。

共通した作業が多くお互いに値を利用できるというのがセミナーのテーマです。

模型も使って説明しましたが。複雑で難解であるとの感想がありました。

過去の他人の描いたイラストを修正するときや、3Dソフトでカメラ位置を設定するとき、など考える手がかりになると思います。

資料に含まれる、2点透視図で物全体を入れて写真を撮るための計算式と軸測投影図の楕円の縮小率がわかる計算式も利用してください。


Adobe Illustratorで描くテクニカルイラストレーション入門
会 場 Zoomオンラインセミナー
日 時 2022年6月18日(土) 13:30-16:30
概 要 テクニカルイラストレーション初心者や経験が浅い方のために、テクニカルイラスト(アイソメ図)の簡単な理論から立方体、円柱、円錐、球の描き方から始めて、その応用まで基礎中の基礎を解説いたします。
⇒詳細
【寸評】

本日20名の参加...ただほとんどの方が顔を出さずにマイクもOFFでした。

少し寂しい感じでしたが、質問はチャットで...それにお答えするとマイクをONにしてお返事いただけて良かったです。

セミナー内容は、テクニカルイラストの投影法からの分類(具体例あり)~投影法と関係ないテクニカルイラスト~これだけでアイソメ図は描ける~プリミティブ作図と続きます。

プリミティブ(立方体・円柱・円錐・球)の描き方からその派生形状の描き方の実演。

講師が描きながら要点を話すという形式で、参加者の環境により一緒に描けない参加者が多くいるタイプのセミナーとなります。

最後に技能検定試験の概要と、3Dデータ貰っても活用が困難な方へのXVL Studioというソフトの紹介がありました。

イチから学ぶ3Dスキャナ&3Dプリンタの基本
会 場 Zoomオンラインセミナー
日 時 2022年5月28日(土) 13:30-16:30
概 要 なんとなく知っているようで、あまり知られていない3Dスキャナ・3Dプリンタの理論と構造を学びます。 専門用語を使わず、わかりやすく解説をいたします。
この機会に是非知識を広めましょう。

⇒詳細
【寸評】

3Dスキャナの原理と3Dプリンタの構造を学ぶ基礎セミナーです。

各種動画を使った解説により、実際の動きを具体的に知ることができました。

さらに建設業における3Dプリンタの活用事例など最新の情報も提供されました。

テクニカルイラストレーション入門講座(手書き編)
会 場 国立オリンピック記念青少年総合センター センター棟 C-302
日 時 2022年5月21日(土) 13:00-16:30
概 要 これからテクニカルイラストレーションを学びたいとお考えの方に向けた入門講座です。
今まで製図の勉強をしたことがない人にも分かり易く指導いたします。
まずは手書きでテクニカルイラストレーションの基礎を身につけましょう。

⇒詳細
【寸評】

手描きアイソメの基礎の実習講座でした。

投影方法、各軸の縮み率、円と楕円の関係、球の描き方、少し応用した描き方、と続きます。

模型を使ったきめ細かい説明と、手描きの実演を受けて、受講生は間違い探しや穴埋め問題やパズルなどの興味深い作図実習を行いました。

楕円の向きには苦労している人がいました。

昔かじったことのある人も含めて、受講生5人に、講師6人という充実したセミナーと言えます。

 

Copyright © 2011 Japan Assosiation of Visual Comunication All Rights Reserved.