日本ビジュアルコミュニケーション協会・ロゴ 日本ビジュアルコミュニケーション協会
Home > テクニカルイラストレーターの!!! > DraftSightでテクニカルイラストレーション
テクニカルイラストレーターの!!!
テクニカルイラストレーションというものをご存知でしょうか。実は皆さんの近くに非常に多く存在しています。
電気製品などの取扱説明書に登場する説明用のイラストがそうです。
文章だけでは理解が難しいところに必ずといって良いほど登場するこのイラスト。
皆さんにもっと知っていただきたい、利用していただきたいとご紹介しています。
※本コンテンツは日本ビジュアルコミュニケーション協会・事務局長が個人的な見解を記載しているものです。ご了承ください。
Autodesk(オートデスク)
DraftSightでテクニカルイラストレーション

当コンテンツ管理人(日本ビジュアルコミュニケーション協会・事務局長)が、DraftSightというフリーの2次元CADを使用してテクニカルイラストを描いてみようというコーナーです。

※残念ですが、2019年12月31日をもって無償版は使用できなくなるとDASSAULT SYSTEMESから発表されました。
https://blogs.3ds.com/japan/draftsight2019_announcement/


実のところ、私はDraftSight初心者です。

でもまあ、使ってみるとAutoCADとよく似ている部分もあるので(テクニカルイラストレーション技能検定試験1級CADを受験した時は、AutoCADを使用しました...実務では十数年前に機械製図で使用した限りAutoCADは使用しておりませんが・・・)何とかなるんじゃないかと考えております。

フリーソフトですので、皆さんも気軽にトライ出来るのではないかと思います。


順次更新していきますので、ご期待ください。


1.DraftSightを入手する

2.DraftSightの画面設定

3.DraftSightのガイド設定

4.立方体を描いてみる@

5.立方体を描いてみるA

  
Autodesk(オートデスク)
 
Copyright © 2011 Japan Assosiation of Visual Comunication All Rights Reserved.