日本ビジュアルコミュニケーション協会・ロゴ 日本ビジュアルコミュニケーション協会
Home > テクニカルイラストレーターの!!! >AutoSketchで描くテクニカルイラスト


列車で巡る日本の絶景 びゅう
テクニカルイラストレーターの!!!
テクニカルイラストレーションというものをご存知でしょうか。実は皆さんの近くに非常に多く存在しています。
電気製品などの取扱説明書に登場する説明用のイラストがそうです。
文章だけでは理解が難しいところに必ずといって良いほど登場するこのイラスト。
皆さんにもっと知っていただきたい、利用していただきたいとご紹介しています。
※本コンテンツは日本ビジュアルコミュニケーション協会・事務局長が個人的な見解を記載しているものです。ご了承ください。

■板の面取り(2)・・・
中央の穴の上面に、C1の面取りをします。
まず、穴(赤)の中心に合わせて、直径12mmの楕円(青)を描きます。(赤穴の直径は10mmのためC1なら左右1mm増えるので直径12mmとなる)
テクニカルイラスト画像47
赤穴を1mm下方に移動します。
テクニカルイラスト画像48
青および黒の不要部分を取り除きます。上の絵と比べると、どこが不要かわかると思います。
テクニカルイラスト画像49
赤穴の、青穴で隠れてしまう部分をトリムします。
テクニカルイラスト画像50
黒穴(底面の穴)を、赤穴まで延長します。
テクニカルイラスト画像51
最後に矢示部分の、面取りによって現れてくる線を追加して完成です。
テクニカルイラスト画像52


      
 
Copyright © 2011 Japan Assosiation of Visual Comunication All Rights Reserved.