日本ビジュアルコミュニケーション協会・ロゴ 日本ビジュアルコミュニケーション協会
Home > テクニカルイラストレーターの!!! > AutoSketchで描くテクニカルイラスト


テクニカルイラストレーターの!!!
テクニカルイラストレーションというものをご存知でしょうか。実は皆さんの近くに非常に多く存在しています。
電気製品などの取扱説明書に登場する説明用のイラストがそうです。
文章だけでは理解が難しいところに必ずといって良いほど登場するこのイラスト。
皆さんにもっと知っていただきたい、利用していただきたいとご紹介しています。
※本コンテンツは日本ビジュアルコミュニケーション協会・事務局長が個人的な見解を記載しているものです。ご了承ください。

■板に穴を空ける・・・
板の中心に、Φ10の穴を空けてみます。
まず、四隅の楕円の中心をそれぞれ結んで対角線を引きます。
テクニカルイラスト画像66
対角線の交点に長軸12.2mm(φ10)の楕円を置きます。
テクニカルイラスト画像67
この楕円を、板厚が3mmなので3mm下方にコピーします。この時、折角高さがでているので、上半楕円を高さの上端点から下端点の距離分、コピーします。
テクニカルイラスト画像68
次に不用部分をトリムします。対角線も必要無いので削除します。
テクニカルイラスト画像69
以上で完成です。
テクニカルイラスト画像70
四隅の楕円の中心を結んで対角線とするのがミソです・・・?
また、中心の穴の厚さを板の高さを利用して求めています。

それぞれ単純なようですが、気にもせずに使えるようになれば、時間の短縮になります。


      
 
Copyright © 2011 Japan Assosiation of Visual Comunication All Rights Reserved.