日本ビジュアルコミュニケーション協会・ロゴ 日本ビジュアルコミュニケーション協会
Home > テクニカルイラストレーターの!!! > AutoSketchで描くテクニカルイラスト


出張ビジネスパック びゅう
テクニカルイラストレーターの!!!
テクニカルイラストレーションというものをご存知でしょうか。実は皆さんの近くに非常に多く存在しています。
電気製品などの取扱説明書に登場する説明用のイラストがそうです。
文章だけでは理解が難しいところに必ずといって良いほど登場するこのイラスト。
皆さんにもっと知っていただきたい、利用していただきたいとご紹介しています。
※本コンテンツは日本ビジュアルコミュニケーション協会・事務局長が個人的な見解を記載しているものです。ご了承ください。

■接合部分にRを付ける・・・
2つの形状がなめらかに結合している部分の表現です。
円柱と立方体が接合している部分に丸みを付けてみます。
丸みを真正面から見た場合、アイソメ図では55°楕円を使用します。
しかし、実際的に考えると円(90°楕円)と55°楕円を比較しても大差ないため、ここではR3の丸みが付いているとして、直径6mmの円を使用します。
まず、円柱の底面に楕円の中心を通る水平な直線を引きます。
テクニカルイラスト画像1

次に、その直線と円柱の側線の両方に接する直径6mmの円(接線円)を描きます。
テクニカルイラスト画像2
描いた円を直線と円柱の側線の接点で図のように円の不要部分を削除します。
テクニカルイラスト画像3
元にあった楕円の左右を少しトリムして、不要部分を削除すれば完成です。
テクニカルイラスト画像4
接合部分の表現はいろいろあり、以下のような表現方法もあります。
テクニカルイラスト画像5


      
 
Copyright © 2011 Japan Assosiation of Visual Comunication All Rights Reserved.