日本ビジュアルコミュニケーション協会・ロゴ 日本ビジュアルコミュニケーション協会
Home > テクニカルイラストレーターの!!! > AutoSketchで描くテクニカルイラスト(実践編)


ゲオマート【GEO-MART】
テクニカルイラストレーターの!!!
テクニカルイラストレーションというものをご存知でしょうか。実は皆さんの近くに非常に多く存在しています。
電気製品などの取扱説明書に登場する説明用のイラストがそうです。
文章だけでは理解が難しいところに必ずといって良いほど登場するこのイラスト。
皆さんにもっと知っていただきたい、利用していただきたいとご紹介しています。
※本コンテンツは日本ビジュアルコミュニケーション協会・事務局長が個人的な見解を記載しているものです。ご了承ください。
■実践編−第11回
続きです。
テクニカルイラスト画像55
左:基準線の交点にφ5の35°楕円を置きます。
右:縦基準線を19mm・27mm右上30°方向にコピーします。
テクニカルイラスト画像56
左:その線と横基準線と交点にφ3の35°楕円を2つ置きます。
右:その2楕円間で接線を引きま、不要部分を削除します。
テクニカルイラスト画像57
左:横基準線を上90°方向に7mmコピーし、その交点にφ3の35°楕円を置きます。
右:不要な線を消し、横基準線を上90°方向に5.5mmコピーします。
テクニカルイラスト画像58
左:縦基準線を右上30°方向に43mmコピーします。
右:縦基準線を同様に52.5mmコピーします。
テクニカルイラスト画像59
左:図のように左上の交点を中心にφ38の35°楕円を置きます。
右:その楕円と右側の縦線の交点および、φ38楕円の交点に、φ6の35°楕円を置きます。
テクニカルイラスト画像60
その2つの楕円の接線を引き、不要部分を削除します。
テクニカルイラスト画像61
左:縦基準線を右上30°方向に35mm・43mmコピーします。また、横基準線を下270°方向に25mmコピーします。
右:その交点にφ3の35°楕円を置きます。
テクニカルイラスト画像62
左:各コーナーに指定の35°楕円を置きます。この時必ず接するように(細かい事は気にしなくても大丈夫ですが)置いてください。
右:全て不要部分をトリム&削除して側板が完成します。
側板の板圧は一応無視しました。気になる人はt=1mmで描いてみてください。


      
 
Copyright © 2011 Japan Assosiation of Visual Comunication All Rights Reserved.